バイオトイレ
バイオトイレ

バイオトイレの微生物を増殖させる母材には、バイオチップ(杉チップ)を使用。コンピュータ管理で微生物の増殖環境を最適化することにより、排泄物の分解処理を効率よく行い、水と炭酸ガスなどに分解させることがコトヒラ工業(株)のバイオトイレ「Beat」の特徴です。

国土交通省NETISの登録商品です

NETIS番号:KT-090042-VE
新技術名称:現地処理型バイオ式トイレ「ビート」

特長

バイオトイレは水を使わない

バイオトイレは微生物による、分解システムを利用した水を使用しない、エコトイレです

バイオトイレは自然界や排泄物に生息している微生物を利用して、排泄物を水と炭酸ガスなどに分解消化する環境にやさしいトイレです。また、水などを使用しないことで、省資源トイレとして環境負荷を軽減。微生物を増殖させる母材には、バイオチップ(間伐材の杉チップ)を使用。排泄物の分解処理を効率よく行います。

バイオトイレは汲み取り不要

微生物の働きで排泄物を24時間で完全に分解消滅させます(水と炭酸ガスに分解)

微生物を増殖させる母材は杉のバイオチップを使用。メカトロニクス技術を駆使し、微生物の増殖環境を最適化することにより排泄物を分解。消化槽内に残った炭酸ガスと余剰水分を蒸発させ、大気に放出してしまいますので、汲み取りは不要です。

バイオトイレはいやな臭いがありません

独自技術により臭気の発酵を抑制

コンピュータで、微生物が生息・増殖する環境(水分・温度・酸素)を自動制御。微生物の活発な活動で臭気の発生を自動制御で抑制し、快適な使用環境を提供します。

バイオトイレの使用済みチップは肥料としてリサイクル可能

使用済みバイオチップは「可燃ゴミ」もしくは「肥料」としてリサイクル可能です

※二次発酵処理が必要です。

バイオトイレ「B-eat」の特長

コトヒラ工業製バイオトイレ「B-eat」は、水を使わずに、微生物の力で排泄物を処理します。「B-eat」では、特殊な微生物を処理槽内に添加することなく、槽内の環境(温度、水分含率、塩濃度、攪拌による酸素の供給など)をコントロールすることにより、安全で、分解に最適な処理微生物群を層内に出現させ保持し、悪臭の原因の一つである嫌気発酵を抑えます。

有効な微生物群

バイオトイレ「B-eat」の処理槽には、漬物やキムチの中にも存在する耐塩性のグラム陽性菌(桿菌・球菌・放線菌)が存在します。この微生物群の働きにより排泄物は短時間のうちに二酸化炭素と水に分解されます。


槽内から単離された微生物の電子顕微鏡写真

「B-eat」に含まれる微生物群のDNA解析

安全性

バイオトイレ「B-eat」の処理槽内では尿中に含まれる塩分が濃縮され、耐塩性のグラム陽性菌が優先種となります。また、「B-eat」独自の制御方法により、処理槽内の水分含率を適切に保ち、病原性グラム陰性細菌の増殖を抑えます。このため、「B-eat」はより衛生的です。


新しいバイオチップ

分解が進んだバイオチップ

 

この製品のお問い合わせ

下記フォームに必要事項を入力の上、「確認画面へ」を押してください。

問い合わせの製品
至急度必須
ご要望必須
動機必須
添付資料
お問い合わせ内容
会社名必須
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号必須
郵便番号必須
住所

画像の文字を入力してください
captcha