Voice先輩の声

Voice先輩の声

開発から営業へ。
経験と日々の出会いから
学び成長する「今日の自分」

高木孝亮

2013年入社産機部産機営業課

私のしごと開発部門の経験を生かした営業活動を

現在、産機営業課のメンバーとして、日々お客様の元へ出向き、生産状況の調整や、新規引合いの情報収集を行っています。入社してからしばらくは開発部門で働いていましたので、時には開発者としての視点で営業活動を行うこともあります。開発から営業という毛色の異なる仕事をすることで、一気に自分の視野が広がりましたし、自分の中で会社に対する意識が変わりました。中でもいちばんの変化は、「会社の利益」「製品コスト」などのいわゆる「会社とお金の関係」を強く意識するようになったことです。どういう仕事を受ければ利益を生むのか・そのためにはコストをどれくらいにすればいいのか・そのコストでお客様が満足のいく製品が作れるのか、という考え方が出来るようになりました。

仕事のやりがい誰もが喜ぶ着地点に向かって

お客様のリクエストに応えるために、自分には何が出来るのか。製品のこと・お客様のこと・社内のスタッフのことをひとつずつ丁寧に思い描きながら、現実的な着地点を見出し進めていく。その過程は苦しみと喜びが混ざり合っていますが、その分大きなやりがいを感じる道のりでもあります。誰もがしあわせになるゴールを描けているかどうかを自問しながら、常に仕事に取り組んでいます。
もうひとつ、新たな価値観を知ることも大きなやりがいです。営業活動の中では実にさまざまな方との出会いがあり、時には新しい分野のお客様と話す機会にも恵まれます。今まで知り得なかった新たな発想や考え方に触れることができるというのは、営業として働く醍醐味のひとつです。

私の目標反省から学び、また一歩、前に進みたい

わたしの目標は、過去の自分を乗り越えることです。今まで営業として取り組んできた仕事の中には、思い返せば「もっとこういう提案ができたんじゃないか」、「こういう振る舞いがふさわしかったのではないか」などと反省することが多くありますが、そんな過去の自分から学び、乗り越えて、会社・仲間・そして自分が納得できるような仕事をしたい思っています。今はまだまだ目の前の仕事に追われ、先を見つめる余裕はありませんが、学生時代から続けている駅伝競技のように、「一歩ずつ、確実に前へ進めば次につながる」という想いで働き続けたいなと考えています。

Voice先輩の声